研究プロジェクトの紹介

松本研究室では、環境やエネルギー・資源の問題とそれらに関連する政策について、経済学的・政策的な研究を行っています。その中でも特に、気候変動・エネルギー分野で、応用一般均衡モデル(CGE)や統計・計量経済モデル、多様な指標を用いた定量的な研究を専門としています。その他にも、制度分析など定性的な研究も行っています。単独研究もありますが、学内外・国内外の研究者と共同研究を行っています。

現在のプロジェクトは以下のようなものです。教員の研究業績などは「メンバー」ページからご参照ください。共同研究や研究指導にご関心がありましたらお問い合わせください。

学生は、教員のプロジェクトと関係なく自由な発想で研究ができる環境です。

キーワード:環境政策・経済、エネルギー経済・政策、気候変動、持続可能な発展、市場、シナリオ、CGEモデル、統計・計量経済、エージェントベースモデル、指標、政策分析

 現在、実施している(実施しようとしている)主な研究には以下のものがあります。
 ​定量的研究
  • CGEモデル・計量経済モデルによる気候変動影響・緩和・適応の分析

関連プロジェクト:文部科学省統合的気候モデル高度化研究プログラム(研究分担者、共同研究:国立研究開発法人海洋研究開発機構ほか)、科学研究費補助金基盤研究A「東アジアの持続可能な未来に向けたエネルギー、資源、土地利用の大転換と制度改革」(研究分担者、共同研究:名城大学ほか)、科学研究費補助金基盤研究C「社会経済・気候システムの相互作用を考慮した多様な気候変動シナリオの評価」(研究代表者)、科学研究費補助金基盤研究C「東北アジアにおける温暖化対策と国際協力による環境経済影響評価分析」(研究分担者、共同研究:広島修道大学)

  • 経済モデルによる安全保障の分析
  • ​大気汚染・健康影響・経済影響の分析
  • ​インドネシアにおける森林開発・農業・貧困の分析

関連プロジェクト:科学研究費補助金基盤研究B「森林開発がもたらす新たな貧困リスク:インドネシアにおける持続可能な森林政策」(研究分担者、共同研究:長崎大学)

  • ​ハイブリッド車の普及要因の分析
  • 国・地域レベルの二酸化炭素排出量変化の要因分析(日本・中国ほか)
  • DEAモデルによる環境パフォーマンスの分析
  • ​電力市場に関する経済学的研究
  • ​洪水被害の研究
  • 多段評価法による環境政策の比較評価
定性的研究
  • 気候変動の緩和・影響・適応と生態系保全の制度分析

関連プロジェクト:環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS14(研究協力者、共同研究:国立研究開発法人森林総合研究所ほか

  • SDGs達成のための科学・政策インターフェースの構築

関連プロジェクト:科学研究費補助金基盤研究C「持続可能な開発目標達成のための科学・政策インターフェースの構築:森林分野を事例に」(研究分担者、共同研究:国立研究開発法人森林総合研究所ほか

© 2014- by Ken'ichi Matsumoto Laboratory

​お問い合わせ:kenichimatsu[at]nagasaki-u.ac.jp | 095-819-2735

                       長崎県長崎市文教町1-14

Contact: kenichimatsu[at]nagasaki-u.ac.jp

            1-14 Bunkyo-machi, Nagasaki, Japan

联系我们:kenichimatsu[at]nagasaki-u.ac.jp

         日本长崎县长崎市文教町1-14